福島県社会福祉協議会

県民の皆様へ福祉関係者の皆様 福祉の職場・資格取得を目指す皆様 福島県社会福祉協議会
福祉関係者の皆様 > 研修事業 - 研修実施計画

B)研修実施計画

 

 (1)平成28年度研修実施計画の印刷用PDFはこちらをクリックしてください。  pdf(PDF)

 (2)全国社会福祉協議会中央福祉学院で実施している研修につきましては

   →こちら←をご覧ください。

No
研  修  名
開催月日 参加負担金 受講対象者<人数>
会    場
研  修  内  容
実施要領プログラム
受講申込書
21

地域アセスメント研修

6/22~23

2日間

3,000円 高齢者福祉関係機関・施設等の職員で、職場内に限らず、広く地域において高齢者介護の中心的・指導的役割を担うことができる者(または期待されているもの)<30名>

二本松市
福島県男女共生センター

地域住民や他職種との連携等を目的に実施する地域ケア会議や運営推進会議、また地域貢献事業などを企画するにあたって、地域の状況や住民、利用者のニーズを把握するための地域アセスメントの具体的手法を学ぶ。

pdf

(実施要領・プログラム)

word

(受講申込書)

22

企画力アップ研修

8/24~25
2日間

3,000円

高齢者福祉関係機関・施設等の職員で、職場内に限らず、広く地域において高齢者介護の中心的・指導的役割を担うことができる者(または期待されているもの)<30名>

二本松市

福島県男女共生センター

地域住民や他職種との連携等を目的に実施する地域ケア会議や運営推進会議、また地域貢献事業など行う上での広報、実施に至るまで具体的手法を学ぶ。

pdf

(実施要領・プログラム)

word

(受講申込書)

23

相談援助面接研修
(記録編)

1班:8/30~31

※定員に達したため申込を締め切りました。


2班:9/13~14
2日間×2回

各回
3,000円
高齢者福祉関係機関・施設等の職員で、職場内に限らず、広く地域において高齢者介護の中心的・指導的役割を担うことができる者(または期待されているもの)<各回30名>

二本松市
福島県男女共生センター

対人援助職にとって必要な倫理や、面接に関する基礎的な知識・技術について再確認し、実践的な能力を高めることにより、相談援助面接を円滑に進められるようにする。

pdf

(実施要領・プログラム)

word

(受講申込書)

24

相談援助面接研修
(初級編)

1班:9/23~24
2班:11/18~19
2日間×2回

各回

3,000円

高齢者福祉関係機関・施設等の職員で、職場内に限らず、広く地域において高齢者介護の中心的・指導的役割を担うことができる者(または期待されているもの)<各回60名>

二本松市
福島県男女共生センター

対人援助職にとって必要な倫理や、面接に関する基礎的な知識・技術について再確認し、実践的な能力を高めることにより、相談援助面接を円滑に進められるようにする。

pdf

(実施要領・プログラム)

word

(受講申込書)

25

相談援助面接研修
(中級編)

前期:11/25~26 
後期:12/16~17  
4日間

5,000円

高齢者福祉関係機関・施設等の職員で、職場内に限らず、広く地域において高齢者介護の中心的・指導的役割を担うことができる者(または期待されているもの)<40名>

二本松市
福島県男女共生センター

相談業務について、自己覚知や利用者の心理的理解を通じ、対人援助の技法を学ぶことで困難事例にも柔軟に対応できるようにする。

pdf

(実施要領・プログラム)

 

word

(受講申込書) 

word

 (基本情報シート)

26

福祉用具研修

7/13~14
2日間

3,000円

高齢者福祉関係機関・施設等の職員で、職場内に限らず、広く地域において高齢者介護の中心的・指導的役割を担うことができる者(または期待されているもの)<30名>

二本松市
福島県男女共生センター
要介護者等の自立した在宅生活を支援するため、福祉用具の活用や住宅改修についての基本的知識や技術、理学療法士、建築士等他職種との連携のあり方について習得する。

pdf

(実施要領・プログラム)

word

(受講申込書)

27

住宅改修研修

前期:9/7~8
後期:11/11~12

4日間

5,000円

高齢者福祉関係機関・施設等の職員で、職場内に限らず、広く地域において高齢者介護の中心的・指導的役割を担うことができる者(または期待されているもの)<30名>
二本松市
福島県男女共生センター
要介護者等の自立した在宅生活を支援するため、福祉用具の活用や住宅改修についての基本的知識や技術、理学療法士、建築士等他職種との連携のあり方について習得する。

pdf

(実施要領・プログラム)

word

(受講申込書)

28

排泄ケア研修

【地域ケア編】
7/8~9
(2日間)

【施設編】
前期:7/8~9
後期:8/12~13
(4日間)

※「施設編」は定員に達したため申込を締め切りました。

【地域編】
3,000円

【施設編】
5,000円

高齢者福祉関係機関・施設等の職員で、職場内に限らず、広く地域において高齢者介護の中心的・指導的役割を担うことができる者(または期待されているもの)<各回40名>
二本松市
福島県男女共生センター
要介護者やその家族にとって大きな問題である「排泄」のケアについて、その機能障害の原因やメカニズム、排泄用具の使用方法を学びさらにアセスメントの手法を学ぶことにより、適切なアドバイスや有効な支援が行えるようにする。
それに加えて、【施設編】では事例検討を通して、チームアプローチ方法の習得を目指す。

pdf

(実施要領・プログラム)

word

(受講申込書)

29

社会福祉協議会事務局長研修

5月(1日間)

2,000円

市町村社会福祉協議会の事務局長<59名>
福島市 社会福祉協議会の動向と事務局長としての役割等を学ぶ。
   
30

社会福祉協議会職員研修(中堅職員職)

8月(2日間)
3,000円
(テキスト代別)

市町村社会福祉協議会の中堅職員<30名>

福島市 社会福祉協議会の中堅職員として必要な知識・技術を学ぶ。